温浴施設の種類

onsen

温泉との違い

この数年で全国的に温浴施設が非常に増えています。
実際のところどちらも同じように感じていて、温泉の違いについてよくわからないという人もいます。

基本的に温泉というのはあくまでも大きさに関わらず、何かしら体に良いとされる効能を持ったお湯に浸かって温浴をすることで健康や美容に役立てるというものになります。

効能には様々なものがあり、また地域によって色や温度、入ったときの感覚などについて、温泉の特徴も違っています。

一方で温浴施設は上記のようにさまざまな効能を持ったお湯を使いながらも、更にお風呂だけではなく半身浴をしたり、岩盤浴を楽しんだりすることが可能な場所が施設内に設置されています。

自由に楽しみながら軽食を取ったり飲食を楽しむことができるのです。

また、施設内で仮眠することが可能になっているような施設も増えてきています。

仮眠部屋で眠り、翌日も沢山の温浴を楽しむことが可能になっています。

主な温浴施設

温浴施設としてはスーパー銭湯や健康ランドスパなどがわかりやすい表現として挙げられるのではないでしょうか。

施設内でパソコン操作をすることができるスペースや、カラオケを楽しむことができるスペースなどもあります。

人それぞれ楽しみ方が違っていますが、多くの人が退屈せずに済みそうです。

温泉旅行に行かずとも、こういった場所利用することで満足だと言う人も沢山いるようです。

健康ランド

健康ランドは温泉や銭湯よりも少し料金が高い場合が多いですが、その分設備も充実しています。

スーパー銭湯

軽食やマッサージなどを提供するスーパー銭湯が多くあります。

銭湯

古くから存在する温浴施設、銭湯について紹介します。

スパ

プールや食事処、エステなどが充実したスパも多くあります。

お湯の種類

温泉は全国各地にある温泉地でそれぞれにその地で発見されたお湯を使用することがほとんどです。

しかし、温浴施設の場合にはこのようなお湯に限らず更に電機を使っているお湯、ハーブのお湯、コーヒー、お酒、塩、などバラエティーに優れたお湯などが準備されています。

また水着で利用することが可能な場所もあります。

こういう施設では内湯とだけでも多くのお風呂があり、更に露天でも沢山のお風呂があるので、長時間楽しみ、プールのある施設では泳いで遊ぶことも可能になっています。

炭酸泉

血行を促進するなどの効果が得られると言われる炭酸泉について。

Comments are closed.