施設での主な仕事

onsen2

さまざまな仕事

温浴施設は年々利用者が増えているといわれていますが、このような施設では、当たり前に稼働しているわけではありません。

実は、当然のように利用できる裏では、働いてくれている人の努力があります。施設での主な仕事というのは運営している経営者だけではありません。

フロント業務や施設内の清掃、それから軽食販売、その他監視や巡回、水質管理、備品の管理、売上管理など、沢山のものがあります。

フロント

清掃

軽食販売

施設内の監視・巡回・水質管理

それぞれの持ち場で働いてるスタッフが長時間しっかりとした業務をこなしてくれることによって、多くの利用客が快適に過ごすことができるようになっています。

24時間営業のところもある

こうした施設での主な仕事というのはスタッフが交代で行っていますが、24時間の営業をおこなっているケースもあります。

真夜中ナビというサイトでは、深夜でも稼働しているところを紹介しています。

利用者の立場として検索するのも良いと思いますが、周辺にどのような場所があるかを把握し、アルバイト探しをするというのも一つの手かもしれません。
ソース元:http://www.mayonaka-navi.info/search/genresearch_h01.html

また、24時間に近い状態で営業を行っているような施設の場合には、勤務時間が長いこともあります。

これらは、特に清掃業務などに関しては体力仕事です。
大変な思いをしながら皆様にサービスを提供するため頑張っているようです。

スタッフの役割

上述したように一つ一つの担当スタッフがいるために一つの施設として成り立ち、大きなトラブルなどもなくたくさんの人が温浴施設を快適に利用することが出来ると言えます。

このような施設での主な業務に関しては求人サイトや求人情報誌等で見つけることが可能です。

自分自身が楽しむわけではなく、温浴を楽しむお客様にサービスを提供したいという思いを持っている人が働いているようです。

働いてるスタッフが施設の利用をする際には多少の割引などがあるようですが、毎日沢山の利用客のために働きながら、多くの笑顔に包まれている仕事といえます。

温浴時間を利用する人々はほとんどが笑顔であり、リフレッシュしてとても良い表情をしていると言われているので、このような環境の中で働いていけるのは非常に素敵なことです。

施設によってお給料などの違いがありますが、温浴施設で働くスタッフの需要もどんどん高くなっています。

スタッフに感謝

よりよいサービスを提供するだけではなく、安全性などに関しても、品質管理や水質管理などを徹底して行い、維持していくのは大変なことだといわれています。

しかし、多くのスタッフが働いてくれているおかげで利用者の多くはリフレッシュできる時間を過ごすことができています。

そのため、利用者側としてもマナーを守ることは大切で、自由気ままに振る舞ってばかりでは、スタッフを困らせることになってしまいます。

スタッフがいるからこそ、快適な空間でリフレッシュすることが出来ると忘れずに利用していかなくてはなりません。

働くメリット

こうした温浴施設で働くようになると、様々な施設の仕組みについても詳しくなり、更に職場での仲間とも楽しく働いていけます。

黙々と一つの作業をすることが苦手な人にも向いている仕事だと言えます。

明るい雰囲気の中で働けるのはストレスも少なく、毎日の楽しみにさえなってくれます。

Comments are closed.