国内の有名な温浴施設

伊東温泉について

伊東温泉は、静岡県の東部、伊東市にある温泉で湧出量は日本で第5位、源泉数780本という日本でも有数の豊かな湯量を誇る温泉です。

街のいたるところに、温泉宿、共同浴場があり、のんびり散歩しながら、思い立ったらすぐにでも温泉に入れます。
共同浴場ではタオルなどの販売もしているので手ぶらでも温泉が楽しめます。
湯量が多いので大規模ホテルでも、共同浴場でも源泉かけ流しです。

2種類の泉質

伊東温泉のお湯は無色透明無臭です。
湯音は25度から68度です。
成分的には単純泉と塩化鉱物泉の2種類があります。

単純泉は、癖のないさらっとした優しい肌あたりでお子様から高齢者の方まで安心して入れるお湯です。
効能はリュウマチや脳卒中のリハビリ期に体を温めて血行を改善します。
また、骨折や外傷の回復期にも症状の改善に効果があります。
病後の療養にもふさわしいお湯です。

塩化鉱物泉は温泉水1kg中に食塩成分が1g以上5g未満を含んでいます。
湯冷めしにくいのが特徴で、肌に優しく誰でもが楽しめるお湯です。
効能は慢性関節リュウマチや冷え性、打撲傷や捻挫、外傷、火傷の症状改善に効果があります。

七福神の湯

もともと伊東市の観光コースに七福神像のある寺社巡りをして願いをかなえるというコースがありました。
七福神の湯は、この観光コースにちなんで共同浴場の前に七福神像を設置したものです。
共同浴場の七福神をたどりながら、温泉巡りを楽しむ人もいます。

タオルなどの販売もあるので、思い立ったらすぐに入れる手軽さが魅力です。
共同浴場はどこも手ごろな入湯料で入れるので地元の人と触れ合える場所でもあります。
地元元の人しか知らないお得情報や穴場スポットなどの情報を仕入れられる野に最適です。

ロケ支援

伊東観光協会が主催する事業の一つにロケ支援事業があります。
伊東温泉には、古くからの温泉旅館や温泉街があります。
また、全国有数の景勝地でもあります。
昭和風のレトロな街並み、現代風のリゾートホテルなど映像作品の背景になるロケ地に事欠きません。

ロケーションハンティングの同行、施設使用に関する申請届け出手配、地元エキストラの手配、宿泊施設、飲食の手配など、撮影関係のすべての面をサポートします。
東京に近いこともロケ地として好条件な面です。
一般観光客としても、偶然に撮影風景に巡り合うなどの楽しみもあります。

東海館

東海館は昭和初期に旅館として開業した建物です。
当時の、木造建築技術を駆使した3階建で、平成9年に伊東市に寄贈されました。
現在は伊東市の観光施設として使用されています。

格式高い玄関を入れば、昭和初期の優雅な世界にタイムスリップします。
高級木材と変木をふんだんに使用した非常に贅沢な建物は一見の価値ありです。

アクセス

鉄道利用の場合には、特急踊り子号で東京から伊東まで約1時間40分、新幹線では東京から熱海まで55分、熱海から伊東まで約22分です。
名古屋からは、新幹線で名古屋、熱海間が約1時間50分、熱海から伊東まで22分です。

車の場合には東京方面から東名高速厚木インターから小田原厚木道路で約90分です。
御殿場方面からは伊豆スカイラインで亀石峠、伊豆高原のコースを選ぶと、日本有数の絶景を楽しむことができます。