銭湯

日本には古くから手軽に利用することができる温浴施設として銭湯があります。

私たちの意識の中で良くイメージする銭湯ではなく、さらに古い時代から風呂屋や湯屋として今現在の銭湯が存在していたようです。

銭湯はもともと現在のような用途で使われていた訳ではなく、本来は僧侶たちが湯を浴びるものとして使っており、それを一般の人々に使用させるようになったのが始まりだったといわれています。

現在銭湯といえば大きなお風呂に浸かり、のんびりとした安らげる場所になっていますが、当時の銭湯というのは浴槽はなく、蒸気だけで温浴をするものなどもあったそうです。

その後、蒸気による温浴だけではなく、浴槽にお湯を入れてお湯に浸かるという風習が現れるようになったのだとか。

しかし、近年では街中に古馴染みの銭湯をみかけることも少なくなり、様々な温浴施設ができたことによって大変だというのは事実です。

銭湯は経営難から閉鎖してしまったり、反対に様々なサービスを付随させ、スーパー銭湯などへと変化を遂げています。

銭湯はドラマなどでもたびたび目にすることがありますが、お風呂に入れるだけではなく湯上りには牛乳やコーヒー牛乳などを飲む事もできます。

それ以外には一部有料でマッサージチェアなどを使う事も可能になっています。

ところで、何故牛乳をお風呂上がりに飲むのでしょうか。
一応理由があるようで、湯上がりの貧血対策や発汗機能の向上と影響しているのだとか。

高齢者の方は特にそうですが、できるだけ飲んだ方が良いとのことです。
できれば腰に手を当てて、グイッと飲み干したいものです。
ソース元:http://matome.naver.jp/odai/2136385127900052501

また中にはドライヤーや扇風機などを使うことができるようなところがあって、j自宅にお風呂がない人などにとっては非常に重宝する場所となっています。

地域によっては小学生の子供たちに裸の付き合いをすることを知るため、授業の一環として銭湯の利用をすることもあるそうです。

確かに現代の子供たちは昔ほど近所付き合いや銭湯などでの裸の付き合いをすることは少なくなり、他人には興味を示さないような傾向にあります。

心の深い大人になっていくためにも、裸の付き合いをして、今まで知らなかったことを知るのも大切な経験になっているのかも知れません。

Comments are closed.