清掃

清掃業務はどのような施設でも大変だと言われています。

特に温浴施設では沢山の清掃をしなければならないので体力が必要だといわれています。

清潔さも求められる部分ですから、丁寧にやる能力も必要です。

温浴をすることができるお風呂そのものの清掃に関しては1日1回か2回となっていますが、時間帯が明け方や深夜帯となるため、これだけでも体には大きな負担がかかると言われています。

またその他の清掃場所として、館内を隅々まで常に綺麗にしておくことも大切になりますし、お手洗い等に関してもペーパー管理や手を洗う際の石鹸の管理などが必要になってきます。

窓や鏡、脱衣場、食事処、などがあり、それぞれの場所の清掃を行っていきます。

また温浴施設の中にはタオルの貸し出しや着替えの貸し出しなどを行っているところがあり、こうしたリネンなどに関しても業務として行う場合がほとんどです。

施設内で洗濯をする事は少ないと言われています。

それでも多くのタオルや着替え類を業者に引き渡したり、受け取り、必要に応じてお客様に渡したりすることも清掃業務の一部として決められているような温浴施設もあります。

温浴施設は清潔が第一となり、衛生管理を徹底しなければなりません。

このような部分では、担当者に課せられる業務内容もたくさんありますが、自分たちがきれいにしている室内で多くの人が温浴で癒され、小さな子供たちが笑顔で遊んでる姿を見るのは励みになるのではないでしょうか。

更に定期的に施設の外の清掃なども行う事があり、休館日などには施設の外回りを徹底的に掃除するなどということも業務の一つとして挙げられています。

頑張って綺麗にすることで、より多くのお客様が来店したり、綺麗な施設だと評判が良くなることも充分に考えられます。

Comments are closed.