温浴とは

onsen2

古きよき温浴

温浴とは一般的に体を温めることによって、冷えなどから体を守るだけではなく、疲れた体を芯から温めリラックス効果を得ることができると言われています。

日本では昔からゆっくりと銭湯などにつかることによって、疲れを取り除いたり、同じように銭湯を利用するお客様と話しをすることでストレス発散になるなどと言われていましたが、近年ではこうした銭湯ばかりではなく様々な温浴施設がでてきているので楽しみ方も目的や世代、性別によってそれぞれに変わってきたようです。

日本の古くからの風習として温浴施設を利用する前には体をきれいに洗ってからと言うものなどがあるので、このような部分についてはいつまでも守り継承していきたい部分となります。

温浴の効果

温浴で一般的にみられる効果は上述したように冷えの改善や予防だけではなく、お肌の調子を整えたりするものもありますし、それぞれのお湯の性質によって、様々な効果があると言われています。

肩こりなどに効果的なものやアトピー性皮膚炎などに効果的なもの、それぞれの効能を持ったお湯を利用して温浴をすることで悩みの解決につなげていくことも可能になるのではないでしょうか。

温浴の種類

また温浴はお風呂に入ることばかりではありません。
岩盤浴などを行い、血行を促進しながら老廃物の排出をすることができるものがあります。

他にもミストサウナのように蒸気の中で温まり、代謝をアップさせる方法などもあります。

近年では手軽に薬草の効果を得ながら温浴をすることができるようなアイテムなどが販売されています。
自宅でも少し変わった温浴を楽しむことが可能になっています。

温浴には代謝を上げて老廃物の排出を手助けするため、ダイエット効果に期待することもできます。
足湯だけでも体が温まると言われています。

温浴が良い訳

しかし、温泉などの持つ効能や、その他の方法で温浴を行った際の効能について、次々と注目され、テレビでも数多くの温浴施設などが取り上げられています、

ここまで温浴に注目が集まっていることにはしっかりとした理由があります。

しっかりと芯から体を温めることは内臓の働きを活発にしてくれることにもつながり、結果的に免疫力が高くなり、健康的になると言われています。

しかし、一般的にゆっくりと温浴をしなければ体の表面ばかりが温まり、内側から温めることが出来ません。

本当に効果を感じるため、体のためを考えた場合でも、日本では古くからシャワーだけの利用ではなく湯船を使った方法が推奨されています。

温浴がもたらすメリット

現在では自宅のスイッチ一つで簡単にお湯の準備をすることができています。

しかし、過去にはお風呂に入るため、わざわざ火をおこしてお湯を沸かさなくてはならなかったにもかかわらず、多くの人々が毎日のように温浴を楽しんでいたのはそれだけの癒やし効果などがあるからでしょう。

年齢にかかわらず温浴とはたくさんの癒やしをもたらしてくれるようなものです。

現在のようにストレスを抱えていたり、生活習慣病による体調不良等を感じている人にとって、その需要は今後更に高まっていくと言われています。

時間がない中少しでも温浴することで、知らず知らずのうちにリラックス効果が生まれ、ストレスの蓄積を防いでいくことにもつながります。

温浴をしながら会話をすると、普段は言えないようなことでも言える気持ちになることもあります。

リラックス効果だけでなく、裸の付き合いをすることで、お互いに包み隠すことがなくなり、相手を信頼することが出来るようになると言った部分が大きいからでしょう。

よりよい人間関係を作ることもできるかもしれません。

Comments are closed.