遊戯場(ゲームセンター)

温浴施設の中にゲームセンター、また遊技場が設置されていることがあります。

こうした遊技場で遊ぶことを楽しみにしているお子様方もいるようですが、たくさんのゲームだけではなく、室内に限りますが軽いスポーツをすることができるような施設もあります。

ゲームに関してはメダルを使って遊ぶことができるものやその他スロット、パチンコなどもありますし、UFOキャッチャーで人形を取ることができるものなどがあります。

最近では子供達に人気のカードゲームなどもありますし、温泉地などでは地域限定のメダルが販売されています。

購入した後好きな文字を刻印して、思い出に持ち帰ることができるアイテムを販売していたりもします。

また大きな施設になるとボーリング場が設置されていたりすることもあり、家族みんなでボーリングを楽しんだりすることが可能になっています。

その他にも卓球を楽しむことができたりビリヤードを楽しむことができたりするようです。

楽天トラベルでは卓球のできる温泉特集を組んでいます。
浴衣でピンポン、ある意味で日本の伝統ではないでしょうか。
ソース元:http://travel.rakuten.co.jp/onsen/pingpong/

さらに近年ではダーツを楽しむことができるようなスペースを設置している温浴施設があります。

電子ダーツとなっているためお子様でも危ないことは無く、力任せに投げてしまっても怪我をする心配もありません。

スコア計算も簡単に行ってくれるので、それぞれのスコアを競いながら盛り上がることができます。

基本的にこのような遊技場では、大人と一緒に子供でも楽しむことが可能となっています。

のんびりとカラオケを楽しみたいなどという場合にはさまざまな設備を設置している温浴施設を選ぶ事も可能になっています。

小さなお子様でもカラオケやボーリングを楽しむことができますし、ご家族みんなでレースをすることができるようなゲームも楽しめるのではないでしょうか。

親子で楽しんだりするのも良い思い出になります。

それぞれのゲームやスポーツには別料金が必要となりますが、ビリヤードやダーツなどに関しては時間で料金を支払うことが多くなっています。

以前は温浴施設に設置されているものも数少ないと言われていましたが、最近では一般的なゲームセンターと同じ、それ以上にたくさんの種類が設置されているので飽きずに遊ぶことができます。

反対に、一般的なゲームセンターには無いような懐かしいものも置いてあることがあります。

このように遊技場があることでお子様でも長時間楽しむことができるようになっています。

基本的に遊戯場や温浴施設との行き来は自由になっていることがほとんどなので、遊び疲れた時には再び温浴を楽しむことが可能になっています。

またこうした遊技場にはアイスクリームの自動販売機やドリンクの自動販売機などが設置されている事があり、親子で温まった体に冷めた食べ物や飲み物を与えながらのびのびと遊ぶことができるようになっています。

Comments are closed.