非火山性温泉【深層熱水】

有数の温泉地だと言われている日本は非火山性温泉と火山性温泉があります。

中でも非火山性温泉はマグマによる影響を受けてお湯を温めているものなどではなく、単純に地下に潜っていけばいくほどお湯の温度が高温になっているものになります。

一般的に言われているのは、1キロもぐれば2度から3度温度が高くなると言われており、最高でも40度ほどの熱さだといわれています。

日本では中川温泉や七沢温泉などが主に非火山性温泉として知られています。

ミネラルを非常に多く含んでいるだけではなく、アルカリ性の強いお湯が特徴となっていて、湯上りの感覚が非常に爽快だといわれています。

一般的に考えれば地中深くなればなるほどに温度は下がりますが、反対に温度が上がるのは、どのような仕組みなのか、非常に気になるところです。

非火山性温泉に入れる場所ではボーリングなどによって温浴施設が扱っているケースも多く、元々の地中が持つ働きによるもの。

よほど大きな環境の変化などがなければこの先温度が下がってしまうようなこともないと言われています。

事情はともかくとしても、平野部に温泉があることで楽しめる方も多いはず。
単純に楽しみたいと言う方はそれで良いでしょう。

そのため、非火山性温泉のある温泉街などは古い歴史を持っている事も多いです。

大きさに関わらず有名な温泉地として知られているのではないでしょうか。

やはり地中の状況が影響してきますので、まとまった地域に温浴施設が作られていることが多くなっています。

Comments are closed.