非火山性温泉【熱源不明】

日本には数多くの温泉があると言われています。

その中の種類である非火山性温泉の中でも、どうして温かいお湯が出ているのか、その理由が未だに解明されていないものもあります。

温泉としての定義をクリアする成分が含有されているもので、熱源不明のものがたくさんあると言われているのです。

地下にもぐれば潜るほど、温度が高くなっているような場所であっても、マグマがありません。

熱源が不明のまま現在でも何らかの理由によって、温かいお湯が出ているようですが、解明されておらず、それでも非火山性温泉として多くの人を楽しませてくれています。

マグマの力や非火山性温泉のような働きではなく、また別の方法や理由によって、温泉の定義に当てはまる源泉が作られていることは非常に不思議なことです。

まだまだこれからもこうした熱源で温泉が発見される可能性があると考えられます。

現在、火山性温泉として有名なところ以外はほとんど、熱源不明の非火山性温泉だとされていますので、日本全国に広く存在すると言っても過言ではないでしょう。

お湯の特徴としてはナトリウムなどを非常に多く含んでおり、お肌がしなやかになったりする効能を持っているそうです。

もちろん日本だけではなく海外でも熱源の不明な温泉がたくさん発見されています。

温浴施設などでは、こうした温泉を利用して温浴サービスを提供してくれています。

とても不思議な現象に考えられていますが、現在でも研究が行われています。

さらに今後、研究が進みこれまではわからなかった熱源不明の温泉の仕組みが解明されることがあればとても楽しみですね。

Comments are closed.