温泉

onsen2

温泉とは

日本には多くの温泉があります。
温泉街などは季節を問わずにたくさんの利用客、そして観光客であふれているといわれています。

温泉とは人工的に作ったものではなく、地中からお湯があふれ出しているような状態や、溢れ出していなくても自然の働きによって温度が高くなりお湯が作られている状態のことを言いますが、一般的にはここで溢れ出したお湯や地中で作られたお湯などを利用して温浴施設を作ったものを温泉というイメージが強くなっています。

この温泉の種類としては火山性温泉、非火山温泉の2種類に分けられます。

火山性温泉

非火山性温泉【深層熱水】

非火山性温泉【熱源不明】

そもそも温泉というのはお湯だけではなく、一般的なお水と違っている効能を持っていれば温度にかかわらず温泉と言われるような事があります。

温熱を使用して温浴できる程度の温度まで温度を上げて温泉施設として利用しているところもあります。

温泉の定義

自然から湧き出ていて温度が高ければ温泉だと思っている人も多いようですが、本来の温泉の定義をみてみると、事実がわかります。

また、温泉の種類によって透明な温泉だけではなく白く濁っている温泉や赤く濁っている温泉などもあります。

含まれている成分によって、濁りが生じている温泉も沢山あり、見た目だけでは抵抗を感じてしまうことがあります。

しかし、実際に入浴をしてみると肌にまとわりつくように、柔らかいお湯がほとんどで、湯上りには肌がすべすべしているような特徴があります。

日本と海外の温泉の違い

日本とは違い、海外ではプールのように透き通っていて、とても広大で多くの利用客がいる場所などがあります。

人工的に作られているのではないかと思ってしまうほど美しく広大で、度々テレビでも取り上げられていることがあります。

以前の日本では温泉と言うと宿泊施設を利用して泊まりがけで出かけることがほとんどでした。

近年では忙しい方々のために気軽に利用することのできる日帰り温泉なども増えてきているので、宿泊することが難しくても手軽に浸かることができるようになりました。

一つの温泉を複数の温浴施設で利用することができるような場所もあります。

温泉の成分

また本当の温泉なのかそうではないのかなどと何度も議論されることがありますが、これは効能について実際にそうした効能を持っているのかどうかといった部分についての議論だそうです。

そのため、含まれている成分を調べてみれば簡単にわかります。

現在はわざとらしく、アピールするようなことは少なくなり、知らず知らずのうちに良い効能を持った種類に人気が集まるようになりました。

非常に沢山の効能を持つ温泉は人気も高く、実際に温浴を楽しんだ際の効能を感じやすいと言われています。

ひとことでは語り尽くせないほど非常に種類が多く、単純温泉や二酸化炭素温泉、その他炭酸水素温泉など、複数の種類があります。

それぞれの場所によって含有されている成分に違いがあり、こうした成分によって、効能は違ってくるようです。

またお湯が湧き出している温泉ではなく蒸気が噴き出しているようなところは、温浴をすることはできないものの温泉卵を作っていたり、蒸気を利用して温泉饅頭を作っていたりすることが多くなっています。

Comments are closed.